b.glen(ビーグレン) アイテム別 エイジングケア スキンケア トライアルセット ブランド別 悩み別ケア

【追記あり】ビーグレンのホワイトケアで美白!口コミ・評判とトライアルの感想

更新日:

shino
昨年ビーグレンの化粧水がリニューアルしたのに伴い、トライアルセットの内容も変わりました。今回、リニューアル後のホワイトケアを購入してみたので紹介しますね。

ビーグレン ホワイトケア公式サイト

新しいビーグレンのホワイトケアは化粧水がさらにパワーアップ!

ビーグレンのホワイトケアは何が変わったの??

化粧水がQuSomeローションに変更されてパワーアップしたんです!

リニューアル前はQuSomeホワイトローションでしたが、新しいホワイトケアにはQuSomeローションが入ってます。

QuSomeローションは浸透力と貯留力がスゴイ!

ビーグレン トライアルセット ディープモイスチャーケア 乾燥・保湿ケア

「美肌にはセラミドが有効」ということでセラミドのスキンケアも増えてきてますよね。

  • セラミドを配合した外からセミラドを補うタイプ
  • セラミドを自力で作り出せる肌にするタイプ

と2種類あるのですが、ビーグレンのQuSomeローションは後者のタイプで自分でセラミドを作り出す肌にするための化粧水です。

そのうえ、QuSomeローションは保湿力がすごいんです!なんと17時間も保湿力をキープしてくれるので朝スキンケアしたら夜までしっとり感が持続。

セラミドをしっかり作り出し肌の保水力がアップすることで、年齢によって衰えがちなバリア機能が正常に機能するようになります。シミや乾燥、たるみ毛穴など加齢による肌悩みはバリア機能の衰えが大きな原因のひとつ。

ビーグレンのホワイトケアにはQuSomeローションの他にも、ハイドロキノン配合ながらQuSomeテクノロジーにより肌に優しくシミにアプローチしてくれるクリームや高濃度のピュアビタミンC配合の美容液なども入っているので、多角的な美白ケアが可能なんです♪

新しいQuSomeローションについては「【セラミドは外から入れても意味がない?】ビーグレンQuSomeローションは肌にセラミドを生み出す力をあたえてくれる!」で詳しくレビューしてます。

shino
以下、リニューアル前のレビューです。化粧水以外は以前のものと変わらないのでぜひ参考にしてくださいね。

2ヶ月位前から気になってるのが、両ほほにできたたくさんの薄いシミ

しっかり日焼け止めも毎日塗ってるのに、なんで????

そして、ず〜っと気になっているアゴのにきび跡。前回の生理前にひどいニキビが出来て、そこがかなり濃いニキビ跡になってしまいました。

ニキビを潰してはいけないのは分かってるんですが、どうしても気になって潰さずにいられないんですよね・・・もうコンシーラー無しじゃ外に出られないほど(泣)

毎日「消えろ〜、消えろ〜!!」と念じながらシミ取りクリームをシミとニキビ跡に塗り込んでいる毎日です・・・・

そんなときに見つけたのが「ビーグレン」だったんです。

ビーグレンとは?

ビーグレンはカリフォルア発のサイエンスコスメブランド。QuSomeというビーグレン独自の浸透テクノロジーを使い、肌トラブルを解決することに特化してます。QuSomeをスキンケアに配合することで、肌の角質層にまで浸透し、ダメージのある場所に止まって肌の悩みを解決してくれるんだとか。

また、ビーグレンのすごいところが、多くの人が抱えている肌の悩みにフォーカスしたスキンケアを揃えているというところ。

なんと、シミ、色素沈着、目尻のシワ、目元のクマ、まぶたのたるみ、ほうれい線、顔のたるみ、たるみ毛穴、くすみ、額のシワ、眉間のシワ、乾燥肌・乾燥ジワ、首のシワ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ、テカリ、角栓、ニキビ、にきび跡・クレーター、合計19の肌悩みに対応!!

すごい数ですよね〜

でも、やはりビーグレンは対応している悩みが多い分、扱っている品数も15種類と多いんですよね。

なのでホームページを見ても、どれを買ったらいいのかよく分からない・・・

そんなわけで、まずはトライアルを試してみることにしました。

ビーグレンはトライアルセットが豊富!

トライアルは全部で8種類。

  • ニキビケア
  • にきび跡ケア
  • 目元ケア
  • 毛穴ケア
  • ホワイトケア
  • たるみ・ほうれい線ケア
  • 乾燥・保湿ケア
  • ディープラインケア

ぜんぶ悩んでるんですけどっ!!

「うーん、迷う〜〜 私にはホワイトケアがいいのか、それともニキビ・ニキビ跡セットがいいのか・・・・」

と迷っていたところ、公式サイトに選び方ガイドを発見。

このページに従って進んで行くことで、自分に今一番気になっている悩みと必要なスキンケアが分かるんです。

で、私は「ホワイトケア」がいいみたい。美白ケアは、シミだけじゃなく色素沈着が原因のニキビ跡にも有効ですからね。

でも、やっぱり気になるのがビーグレンを実際に使った人たちの口コミとか評判。

ネットで見つけた口コミ・体験談

顔全体のトーンが明るくなり、くすみもなくなって来たのでもう少し続けて行きたい。(40代 乾燥肌)
肌の色がワントーン明るくなった?(30代 混合肌)
目の回りと頬骨の下あたりに出来ていたシミが薄くなってきた(40代 混合肌)
肌のキメや顔色が全然違う。ファンデーションののりも良い(40代 普通肌)
頬の毛穴が小さくなり、肌に張りも出た(50代 混合肌)

美白対策のためのホワイトケアですが、毛穴が小さくなる、肌のキメが整う、肌にハリが出るなどの口コミも結構ありました。

さっそくビーグレンホワイトケアのトライアルセットの内容を紹介していきますね!

ビーグレン ホワイトケア トライアルの内容は?

ビーグレン シミ・色素沈着

トライアルなのにひとつひとつの商品が結構大きめで、1,800円とは思えない内容です。

ホワイトケアトライアルセットの内容は、全部で5点。

  • クレイウォッシュ (15g)
  • QuSomeホワイトローション (20mL) (※QuSomeローションに変わりました)
  • Cセラム (5mL)
  • QuSomeホワイトクリーム1.9 (5g)
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム (7g)

ビーグレンのトライアルをさっそく使ってみました

クレイウォッシュ

ビーグレン クレイウォッシュ

もちろん届きたての新品ですが、なぜかパッケージの商品名が擦り切れてます(汗)中身には問題なかったでけどね。

クレイウォッシュは、汚れや古い角質はもちろん、くすみの原因になる毛穴の中で酸化した皮脂もしっかり除去する効果があるそうです。

それでも、必要な皮脂はちゃんと残してくれるので洗い上がりはしっとりだとか。

手に取るとこんな感じ。少しグレーがかった色でトロッとしたテクスチャーです。

ビーグレン クレイウォッシュ

一般的なクレンジングよりも伸びないので、使う量が多くなりますね。なので、コスパはあまり良くないかも。

泡立ちませんが、肌をこするような摩擦感はなく、するする肌になじませることができます。

クレイというとザラザラした感じを想像していしまいますが、ザラザラ感は一切ありません。洗い上がりはかなりさっぱり。

アイメイクは心配なので、別途アイメイク用クレンジングを使いましたが、その他のベースメイクは問題なく落としてくれます。

二度洗いしたほうがよかったのかもしれませんが、私は乾燥が気になったのでクレイウォッシュのみにしてました。

洗顔後はさっぱり感はありながらも、乾燥を感じることはありませんでした。

また、クレイは毛穴の黒ずみ汚れにも有効と聞いていたので、鼻の頭を念入りにクルクルと洗うようにしたら3日目くらいから小鼻周りのざらつき感がなくなってきたような気がしました。

ビーグレンのクレイウォッシュについては「ビーグレンのクレイウォッシュをトライアルから現品買いしたワケ」で詳しく紹介しています。

クレイウォッシュの全成分:グリチルリチン酸ジカリウム<その他の成分>精製水, イソノナン酸2-エチルヘキシル, ベントナイト, 1,3-ブチレングリコール, N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸ナトリウム, N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液, 尿素, ソルビット液, ヒアルロン酸ナトリウム液, スクワラン, カモミラエキス(1), カッコンエキス, アロエエキス(2), クロレラエキス, グリセリン脂肪酸エステル, フェノキシエタノール

QuSomeホワイトローション

ビーグレン ローション

QuSomeホワイトローションは、ビタミンC入りの化粧水です。シミ、くすみ、ニキビ跡、肝斑などの悩みに対応していて、角層の奥まで届く進化型ビタミンCがブライトニング効果を発揮してくれるそうです。

QuSomeホワイトローションは手に取るとこんな感じ。すこーしだけとろみのあるテクスチャーで、肌馴染みがすごくいいです。

ビーグレン ホワイトローション

ビタミンCが配合されている化粧水は肌が乾燥しがちですが、QuSomeホワイトローションはビタミンC入りでも付け心地はしっとり。乾燥肌の私でも大丈夫でした。

これは、ビーグレン独自のQuSome化ビタミンCだからなのかしら????

QuSomeホワイトローションの全成分:水, グリセリン, BG, 乳酸Na, ラフィノース, ペンチレングリコール, 3-O-エチルアスコルビン酸, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ゲンチアナ根エキス, フカスセラツスエキス, 加水分解コラーゲン, ヒアルロン酸Na, α-グルカンオリゴサッカリド, ベタイン, ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル), デカマカデミアナッツ脂肪酸ポリグリセリル-10, キサンタンガム, エチルヘキシルグリセリン, PEG-60水添ヒマシ油, PEG-10水添ヒマシ油, PEG-150, 1,2-ヘキサンジオール, カプリリルグリコール, 塩化Na, メタリン酸Na, EDTA-2Na, ソルビン酸K

Cセラム

ビーグレン Cセラム

高濃度のピュアビタミンCを高濃度で配合した美容液。シミ、シワ、たるみ、ニキビ跡、毛穴などに有効だそうです。

「乾燥肌・敏感肌の方は、少量で様子を見ながらお試しください」とあったので、初日はほんの少しの量で試してみました。

ビーグレン Cセラム

少量でも結構伸びます。肌に伸ばした瞬間、顔がほわっと温かくなってちょっとびっくりしたのですが、Cセラムに配合された成分に皮膚や化粧水の水分に触れると温かみをもたらす反応があるからなんだそうです。

ほっ、よかった・・・・もちろん、赤くなったり痒くなったりということはまったくありませんでしたよ。

Cセラムの全成分:PG, アスコルビン酸, レシチン, ポリアクリルアミド, (C13,14)イソパラフィン, ラウレス-7

Cセラムはビーグレンについては、「ビーグレンで不動の人気!美容液「Cセラム」の口コミレビューを紹介!効果は?使い心地は?」で詳しくレビューしてます。よかったら読んでみてくださいね。

QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム

QuSomeホワイトクリーム1.9にはハイドロキノンを配合。なので、日中は使用できません。

ハイドロキノンを塗って紫外線に当たると、逆にシミができたり、今あるシミが濃くなったりしますからね(汗)

ハイドロキノンは美白成分として処方してもらえるものですが、ビーグレンのホワイトクリームはそのハイドロキノンと浸透テクノロジーQuSomeとを融合させることで早い効果がのぞめるということです。

また、ハイドロキノンそのものを塗るよりも刺激も少なくなっています。

QuSomeホワイトクリーム1.9も、Cセラム同様「乾燥肌・敏感肌の方は、少量で様子を見ながらお試しください」とあったので、初日はほんの少しにしてみました。

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

伸びはすごくいいです。ヒリヒリ感もないし、赤みや痒みも一切なし。

ハイドロキノンを配合しているというと乾燥しそうなイメージですが、スクワランを配合されているからか、実際の付け心地は結構しっとりしています。

全成分:水, グリコール, シクロペンタシロキサン, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, スクワラン, ハイドロキノン, セタノール, ジメチコン, ステアリン酸グリセリル, ベヘニルアルコール, バチルアルコール, ジステアリン酸PEG-150, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, オリゴペプチド-68, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ゲンチアナ根エキス, トウキ根エキス, シャクヤク根エキス, センキュウ根茎エキス, ジオウ根エキス, ショウガ根茎エキス, キサンタンガム, タマリンドガム, パルミチン酸セチル, ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10, ステアロイルラクチレートNa, ステアリン酸PEG-45, リナロール, BG, エタノール, EDTA-2Na, ピロ亜硫酸Na, カプリリルグリコール, ソルビン酸K

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

ビーグレン モイスチャーリッチクリーム

QuSomeモイスチャーリッチクリームは、エイジングケアが必要な年齢の人向けに作られたクリーム@cosmeの口コミランキング クリーム部門で13位にランクインしてるんですよ。

ビーグレン モイスチャーリッチクリーム

伸びがいい濃厚なクリームですが、付けたあとはベトつかずサラッとしています。それでもしっかり保湿してくれて、肌がもっちりします。

QuSomeモイスチャーリッチクリームにもスクワランが多く配合されているので、保湿効果はバッチリですね。

全成分:水, スクワラン, ジグリセリン, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, シクロペンタシロキサン, BG, ステアリン酸グリセリル, グリセリン, ステアリン酸PEG-45, ジメチコン, セタノール, ベヘニルアルコール, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, バチルアルコール, パルミチン酸セチル, ダイズ芽エキス, アセチルテトラペプチド-2, オリゴペプチド-6, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ショクヨウダイオウ根エキス, ゲンチアナ根エキス, 加水分解コラーゲン, ヒアルロン酸Na, ジヒドロコレステロール, ステアリン酸コレステリル, パルミチン酸, (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー, プロパンジオール, カプリリルグリコール, ソルビン酸K, 水酸化K

ビーグレン ホワイトケアトライアルを使ってみた感想

美白ケアというと、ホワイトニングに効果的な成分が多く入るため、どうしても「乾燥するのは仕方がない」みたいになりがちなんですよね。

でもビーグレンのホワイトケアはシミなどの肌の悩みにフォーカスしつつ、しっかり保湿ケアもしてくれるので乾燥肌の私でも安心して使うことができました。

ビーグレンホワイトケアのおすすめポイント

  • 人気のアイテムを1,800円でいろいろ試せる
  • 肌悩みにピンポイントでアプローチしてくれる
  • 365日返金保証付きだから安心して試せる
shino
美白効果もありながら低刺激なので、敏感肌さんにも使えると思います。紫外線が弱くなる秋から冬にかけては美白ケアに最適な時期!頑張ってシミやニキビ跡とサヨナラしてつるんとしたお肌を目指しましょうね♪

ビーグレン ホワイトケア詳細はこちら

商品レビュー
レビュー更新日
商品名
ビーグレン ホワイトケア
評価
51star1star1star1star1star

-b.glen(ビーグレン), アイテム別, エイジングケア, スキンケア, トライアルセット, ブランド別, 悩み別ケア

Copyright© 美活口コミ倶楽部 - BIKATSU KUCHIKOMI CLUB - , 2018 All Rights Reserved.