b.glen(ビーグレン) シミ・くすみ トライアルセット

【ハイドロキノン】ビーグレンのホワイトクリームを使ってみた口コミレビュー

更新日:

いろいろ美白化粧品を使ってみたけど効果がなかなか実感できない

ハイドロキノン成分に興味はあるけど副作用が怖くて・・・

そんな方におすすめなのがビーグレンのQuSome(キューソーム)ホワイトクリームです。私自身も使ってみて「これまでの美白化粧品とはちょっと違うかも!」そんな風に効果を実感できたアイテムでしたよ♪

効果が期待できそうな美白化粧品を探している方のために、ビーグレンのQuSomeホワイトクリームの使い心地や成分、効果などを詳しく紹介していきますね。

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9公式サイト

ビーグレンのQuSomeホワイトクリームは以前からあった商品なのですが、6月1日にリニューアルされたんですよ。パワーアップしてさらに美白への効果ができるアイテムになりました。パッケージも一新。

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム

以前はボトルの容器でしたが、今はチューブタイムに変わっています。新しい成分も加わって、これまではできてしまったシミにしか有効ではなかったのですが、新しいQuSomeホワイトクリーム1.9は

  • シミを入り口で阻止
  • シミを内側で攻める
  • シミを出口で阻止する

と多角的にシミにアプローチしてくれるので、できてしまったシミだけでなくこれからできるシミにも有効になったんですよ。

リニューアル前 できてしまったシミにのみ有効
リニューアル後 できてしまったシミ&これからできそうなシミの両方に有効

新しいQuSomeホワイトクリームには、できてしまったシミにアプローチしてくれる「ハイドロキノン」と「オリゴペプチド-68」に加え、「ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸」が追加されました。ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸はメラニンを肌の中に閉じ込めシミとして表面に出て来ないようにしてくれる有難い成分。ビタミンC誘導体の中でも最新の成分なんですって。

また、オリゴペプチド-68は特に美白に特化した成分でシミの原因を作らせない作用をしてくれます。これに「オリゴペプチド-34」が加わったことでさらにシミの生成を抑制する力がパワーアップ!

つまりQuSomeホワイトケアは多角的にシミにアプローチしてくれるアイテムなんです。毎日使い続けることで透明感のある肌が目指せるということですね。

でもハイドロキノンが入ってるから赤くなったり痒くなったりするでしょ?

QuSomeホワイトクリームはハイドロキノンの配合量が1.9%なので刺激が少ないのが特徴なんです。

日本では化粧品へのハイドロキノンの配合量が最大でも4%と決められており、市販されている美白配合化粧品の中にはMAXの4%のハイドロキノンを配合しているものも多いのが現状です。ただハイドロキノンが多ければ多いほど当然肌への刺激も強くなってしまいます。ハイドロキノンの濃度が1.9%のQuSomeホワイトクリームと4%の商品とで比較した場合、その肌への刺激はなんと4倍にもなるんだとか・・・・

「敏感肌ではないのにハイドロキノンで赤くなってしまった」なんて声をよく聞きますが、当然なのかもしれませんね。肌に負担をかけずに美白を目指すならばハイドロキノンの濃度は少ないほうがいいんです。でも濃度が低くも効果が低かったら悲しいですよね・・・その点、ホワイトクリームはビーグレン独自のQuSome技術でハイドロキノンをカプセル化することで浸透力がアップ。ハイドロキノンの濃度が低くても肌への刺激は最小限にしながらしっかりシミにアプローチしてくれるというわけ。

QuSomeホワイトケアを使ってみた私の口コミ

実際に新しくなったQuSomeホワイトケアを私も使ってみました!

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム

白くてこっくりとしたテクスチャーの滑かなクリームです。

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム

すごく伸びが良いので肌に摩擦などの負担がかかりにくいように思いました。少量でも顔全体によく伸びます。さらっとしたつけ心地なのにお肌はしっとり。美白力だけでなく保湿力もあるんですね。

ヒリヒリ感はまったくありません。時間が経っても赤くなったりすることもなく、まったく刺激は感じませんでした。

あれ???ハイドロキノンってシミにピンポイントで使うものじゃないの??

ハイドロキノン濃度が4%の化粧品は「シミのところだけに乗せて使ってください」と明記されているものが多いですが、ビーグレンのホワイトクリームはハイドロキノン配合なのに顔全体に使えるんです♪ 顔全体に使えるから、肌が全体的にトーンアップして透明感のある肌を目指せるというわけですね。

ただ、ホワイトクリームは朝は使わないようにしたほうがいいですよ。ハイドロキノンは紫外線に弱いため、日中使用すると肌に刺激を与える可能性があります。夜のお手入れアイテムとして使うようにしましょうね。

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9の詳細はこちら

肌に合うかどうか不安だから、とりあえずちょっとだけ試してみたいな〜

そんな方にはQuSomeホワイトクリーム1.9が手軽に試せるトライアルセットがおすすめです。

ビーグレン「ホワイトケア」トライアルセット

ビーグレンのホワイトケアは美白に特化したトライアルセットになってます。

ホワイトケアは

  • クレイウォッシュ(洗顔料)
  • QuSomeローション(化粧水)
  • Cセラム(美容液)
  • QuSomeホワイトクリーム1.9(クリーム)
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)

以上5点セットでどれも人気のアイテムばかり。ライン使いで美白への効果を体感できるようになってます。

クレイウォッシュ(洗顔料)

 

天然クレイ「モンモリロナイト」を配合した洗顔料です。ビーグレンのたくさんあるアイテムの中でも大人気の商品です。

泥といっても、すごく滑かなテクスチャーでザラザラ感はまったくありません。モンモリロナイトには余分な皮脂や古い角質などを吸着して落としながらもしっかり必要な油分は残してくれるのでさっぱりした洗い上がりなのにお肌はしっとり。絶妙なバランスが人気の理由なのかもしれませんね。

QuSomeローション(化粧水)

肌の水分を17時間もキープしてくれる超優秀な化粧水です。

ほんのすこしトロッとしたテクスチャー。この化粧水のためだけに開発されたチャージドキューソームなる浸透技術を採用しているからか、ものすごーく浸透力が高いです。ぐんぐんお肌に入っていく感じ。

飲んで帰ってきて「あー、もう今日はお肌のお手入れが面倒・・・」なんて日もメイクを落としてこのQuSomeローションを2回くらい重ね付けするだけで朝までしっとり。

”保水効果は17時間”と謳っているだけあって、本当に保湿力が持続るんですよ。

Cセラム(美容液)

ビタミンCを高濃度で配合した美容液。15年前に発売されてから、なんと66万本も売れてるそうです!ビーグレンのアイテムの中でもリピート率No.1なんだとか♪

かなり緩い透明なテクスチャーで、お肌に乗せるとほんわか温かくなって気持ち良い♪

シミへの効果だけでなく、毛穴の開きや吹き出物への効果も期待できるんですよ。

QuSomeホワイトクリーム1.9(クリーム)

紹介したQuSomeホワイトクリームです。他は朝晩使用しても大丈夫ですが、このクリームは夜だけの使用にしてくださいね。

1回の使用量はだいたいパール1〜2粒くらいでオッケーです。シミが気になるところだけではなく、顔全体にしっかり伸ばしてくださいね。

QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)

エイジングが気になる年齢の人向けのクリームです。エイジングに最適なポリアミン、アップレビティ、ラミリン、アクアエクストリーム、ハイビスカス花発酵液などの成分が角質の奥まで浸透することで、シミ、たるみ、くすみ、毛穴、などなどさまざまな肌悩みにオールマイティにアプローチしてくれます。

リッチ感のある濃厚なテキスチャー。でも、こっくりしてるのに滑かなつけ心地でベタつき感は一切ないので「クリームはベタベタするからイヤ」という方もきっと好きになる使い心地だと思いますよ。

夜つけると、朝起きた時のもちもち弾力のある肌が感じられます♪

ビーグレン「ホワイトケア」トライアルセットは5つのアイテムが1,800円で試せます。しっかり7日間分の内容量になってます。

ビーグレンのアイテムに興味はあるけどいきなり本商品を買うのは不安・・・・という方はぜひトライアルセットから始めてみてくださいね。

ビーグレンには「使ってみたけど肌に合わなかった」という方のために365日返金保証もあります。開封済み・使用済みでも返品できるので安心してくださいね。

shino
リニューアルしたQuSomeホワイトクリーム1.9でぜひ美白効果を体感してみてくださいね♪

ビーグレン「ホワイトケア」トライアルセット詳細はこちら

商品レビュー
レビュー更新日
商品名
ビーグレンQuSomeホワイトクリーム
評価
51star1star1star1star1star

-b.glen(ビーグレン), シミ・くすみ, トライアルセット

Copyright© 美活口コミ倶楽部 - BIKATSU KUCHIKOMI CLUB - , 2018 All Rights Reserved.