【知らなきゃ損!】シワ対策の化粧品は段階やタイプによって成分で選ぶべし!

更新日:

「化粧水をたっぷりつけて水分補給してるのにシワが目立つ」

「コラーゲンのサプリやドリンクを飲んでるけどシワができる」

しっかり対策してるのにどうしてシワが改善しないの??とシワ対策で悩んでいる人、少なくないのでは?しっかりケアしてるのにシワが改善されないのは、自分のシワの種類や段階に応じたケアをしていない可能性大!

シワには段階があって、その原因も対策も異なってくるんです。

シワの種類と原因

シワは主に、

  • 細くて浅いちりめんジワ
  • 目尻にできる「カラスの足跡」のような小じわ
  • 額や頬などに目立つ長くて深いシワ

の3種類に分けられます。

>>>ちりめんジワにおすすめの成分 >>>目尻の小じわにおすすめの成分 >>>深いシワにおすすめの成分

浅く薄いちりめんジワ

ちりめんジワは加齢によってできるものではなく乾燥が主な原因。なので若くてもちりめんジワが目立つ人もいます。乾燥が要因なので保湿することで目立たなくなる場合がほとんどです。

目尻などの小じわ

目尻の小じわは顔の動きに合わせてできる表情ジワのひとつ。若いときには笑ってもすぐに元に戻っていた目尻のシワも、年齢を重ねると深くなり元に戻らなくなってしまいます。

主な原因は、表皮から真皮乳頭層あたりまでのコラーゲン繊維やエラスチン繊維が年齢と共に弾力を失い、量も減ってくるため。また、紫外線などの外部からのダメージによって発生する活性酸素も原因のひとつと言われています。

額や頬などの長くて深いシワ

コラーゲン繊維が変形・断裂し、額や頬、目尻、口周りなどに長くて深いシワが目立つようになります。さらにコラーゲンの減少により真皮も薄くなるため、シワも出来やすくなります。

以上のように、シワには段階・種類があって、単に乾燥だけが原因ではありません。つまり、すでに深く刻まれてしまったシワにいくら保湿しても改善は難しいのです。シワをなんとかしたいのならば、しっかり原因にアプローチしてくれる成分が配合された化粧品を使うことが大切です。

【シワの段階・種類別】おすすめの成分はこれ!

浅く薄いちりめんジワに有効なのは「保湿成分」

角質層の乾燥が主な原因なので、ちりめんジワの改善にはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が配合された化粧品が有効です。

水分保持力ならセミラドが最強!

乾燥肌は肌の水分保持力が弱まっているので、この水分保持力を高めるのがポイント。セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの中でも特に水分保持力が高いのがセラミドです。水分を強力に挟み込んでキープする特性があり、湿度の低い時期でもしっかり水分をキープできる最強の保湿物質と言われています。

セラミドにもセラミド1、2、3、4、5、6、6II、7といろいろなタイプが存在しています。このなかでも特に保水力に優れているのがセラミド1・2・3なので、これら3種類のいずれかが入っているものを選ぶのがおすすめです。

また、セラミド3と6が加齢で減少するものとされているので、アラフォー以上の女性はセラミド3・セラミド6が配合されている化粧品を選ぶとさらに効果を感じられるかもしれませんね。

セラミドが肌本来の水分保持力を高める効果が期待できる一方、ヒアルロン酸やコラーゲンは肌にある水分が蒸発しないよう水分を引き寄せて保水します。保湿成分として一緒にされがちですが、保湿のアプローチがまったく異なります。ただ、ヒアルロン酸もコラーゲンも保湿効果があることは確かなので、セラミドと一緒にヒアルロン酸やコラーゲンも一緒に配合されていれば、相乗効果も期待できそうですね。

また、セラミドは他の成分に比べて高価なので(特に1番)、セラミド配合と言いながらもあまりに安い化粧品の場合はセラミドの配合量が少なく効果をまったく実感できない可能性もあります。なのであまりに安いセラミド化粧品は避けた方が無難です。ある程度の価格で、なおかつ続けやすい価格設定の化粧品を選ぶようにするといいですよ。全成分をチェックして、上部にセラミドの記載のある化粧品がおすすめです。(※一般的に化粧品の成分は配合量の多い順に記載されています)

小じわに有効なのは「抗酸化・コラーゲン生成成分」

目尻の小じわには抗酸化作用が高いとされているフラーレンコエンザイムQ10、コラーゲンを増やす作用のあるレチノールなどが有効です。

活性酸素を取り込んで消去してくれる「フラーレン」

フラーレンには活性炭のような吸着作用があるため、活性酸素を取り込んで消去してくれる作用があります。その抗酸化力はなんとビタミンCの100倍以上!また、肌本来のバリア機能を促進してくれる効果やメラニンによる色素沈着を防ぐ効果もあるので、シワだけでなくシミや毛穴、くすみなどといったエイジングの悩みににもアプローチしてくれる有難い成分です。

効果が高いと気になるのが副作用ですが、フラーレンはこれまでに毒性や副作用などの報告はされてないということです。肌への刺激もほぼゼロなので、多くのドクターズコスメでも採用されているというのも納得の成分です。

抗酸化といえば「コエンザイムQ10」

コエンザイムQ10(別名ユビキノン)は人の体内にもともと存在する成分です。エネルギー生成と生命維持に不可欠な酵素で、サプリメントや食品にもよく配合されています。コエンザイムQ10のサプリメントはよくドラッグストアでも見かけますね。2004年に化粧品への配合が許可され、エイジングケア成分としてブームになり、今ではすっかりお馴染みになりましたね。

抗酸化力が高いのでシワやくすみだけでなく、加齢による肌トラブルを予防してくれる成分としても人気です。

長くて深いシワには「レチノイン酸・レチノール」

長くて深いシワには変形・断裂してしまった真皮のコラーゲン繊維を改善し、コラーゲンを増やす効果が期待できるレチノールを配合した化粧品がおすすめです。ビタミンAにはヒアルロン酸の合成を促進する作用があるので、ターンオーバーが正常に機能するようになりシワの改善が期待できます。真皮組織のコラーゲンやエラスチンなどの生成を促進する作用もあるので、シワ改善だけでなくたるみやシミ、乾燥、ニキビなどにも有効とされています。

レチノール成分で代表的なのがパルミチン酸レチノールレチノイン酸トコフェリルレチノールレチノイン酸の4種類です

これら4種類の中で、一番効果は高いながらも刺激が一番強いとされているのがレチノイン酸です。

効果 刺激 浸透度
パルミチン酸レチノール ++
レチノイン酸トコフェリル ++ ++++
レチノール ++++ +++ ++++
レチノイン酸 ++++ ++++ +++

レチノイン酸は皮膚科での処方のみとなっています。レチノイン酸は浸透度が高いうえ、シワへの効果が高いとされる一方で、刺激が強いため、肌がカサカサになったり赤みが出たりと副作用が多く報告されている成分です。

私も以前、皮膚科で処方してもらいましたが、真っ赤になってしまい使用をやめてしまいました。ですが、よくよく調べてみると、赤みや乾燥は肌に合わないから出るわけではなくレチノイド反応というものだったらしく、もう少し使い続けるべきだったようです。使い続けていると赤みは数日くらいで収まるものなんだとか。

レチノールはピュアレチノール(純粋レチノール)と呼ばれるもので、レチノイン酸の効果に近いものの、こちらも刺激が強いというデメリットがあります。

レチノイン酸とレチノールは効果が高いものの、光や熱に非常に弱く不安定な成分です。そこでレチノイン酸やレチノールのエイジング効果を手軽に使えるよう誘導体化、改良したのが、パルミチン酸レチノールやレチノイン酸トコフェリル、レチノールです。

パルミチン酸レチノールはレチノールにパルミチン酸を結合させることで浸透量をアップさせた成分。ピュアレチノールやレチノイン酸に比べると効果は下がりますが、刺激が少ないので毎日のお手入れに取り入れやすい成分です。

レチノイン酸トコフェリルはレチノイン酸に抗酸化作用の高いビタミンEを結合させた成分。レチノール成分のうち最も肌への刺激が少なく、浸透度が高いためシワへの効果を発揮してくれます。パルミチン酸レチノールよりも効果が高いと言われています。

レチノール成分は深いシワになる前の表情ジワにも有効です。シワが気になり始めたらすぐにレチノール成分が配合された化粧品で毎日お手入れするようにするといいかもしれませんね。

以上、段階別でシワに有効とされる成分について紹介させていただきました。シワにも段階・種類があり、原因も対策も異なります。「シワ対策に」という宣伝文句だけにとらわれず、しっかり原因にアプローチしてくれる成分が配合された化粧品を使うようにしましょうね。

-エイジングケア, シワ, 美容コラム

Copyright© 美活口コミ倶楽部 - BIKATSU KUCHIKOMI CLUB - , 2018 All Rights Reserved.