自宅で簡単!人気の家庭用脱毛器5種を比較【失敗しない選び方】

投稿日:

脇毛やすね毛、VIOなどのムダ毛ってどうやって処理してますか?

自分で処理してる人、まだまだ多いのではないかしら。カミソリで自己処理するのって結構面倒ですよね。お肌も汚くなるし・・・・電車ででつり革に捕まったときにちょろっと脇毛が「こんにちは!」してて恥ずかしい思いをしたことがある人も少なくないのでは??

かといって、脱毛サロンや脱毛クリニックに行くとなると結構お金が掛かるし、通うのが面倒だったりしますよね。

そんな人におすすめなのが自宅で簡単にしかも短時間でできる家庭用脱毛器。コスパがいいうえ、手軽にムダ毛処理ができるので最近すごく人気なんですよ。

でも、家庭用脱毛器ってものすごーく種類があるんです!!それに家庭用脱毛器は基本的に数万円とちょっとお値段が高め。化粧品のように気軽に買って「お肌に合わなかったから」という理由でポイしてしまうわけにはいきませんよね・・・・

「たくさんありすぎてどれにしたらいいのか分からない」

「私のムダ毛にはどれがいいのか教えて欲しい!!」

そんな方のために脱毛サロンも脱毛器も体験済みの私が特に人気の家庭用脱毛器5種を徹底比較してみました。

  • 家庭用脱毛器の選び方
  • おすすめの家庭用脱毛器
  • 部位別の痛みと脱毛効果

とおすすめの脱毛器の紹介だけでなく、選び方や痛み・効果などについても詳しくお伝えしていきますね♪

脱毛器の選び方【失敗しないための4つのポイント】

1. 脱毛方式は?

家庭用脱毛器は

  • 光脱毛(フラッシュ・フラッシュライト・IPL)
  • レーザー脱毛

の2種類に分かれます。

光脱毛はその名のとおり、光を使った脱毛方法です。脱毛サロン、脱毛エステと呼ばれるところで採用されているのがこの光脱毛です。エステサロンでも使われているIPL(インテンス・パルス・ライト)というメラニン色素に反応する光を使い、ムダ毛の黒色組織であるメラニン色素や毛根組織を破壊していきます。毛根組織を直接破壊するため照射してから1〜3週間で脱毛していきます。

じんわりとした熱を感じる程度で痛みが少ないのが特徴で、脱毛が初めての方に特に人気です。フラッシュ式脱毛器は種類も多いため手軽に購入することができます。

一方、レーザー脱毛は一瞬で毛根を破壊して毛を生やす組織をなくします。クリニックで採用されているのがこの医療レーザーです。家庭用脱毛器ではクリニックで使用される業務用脱毛器と同じくらいの効果が得られるとされています。医療脱毛は費用がかなり高いため、お手頃価格でレーザー脱毛したい人に人気です。

脱毛してから2週間程度で抜け落ちていきます。レーザー脱毛器は箇所によってはゴムでパチンと弾いたような痛みを感じる場合もありますが、レーザーは実際に使ってみた人の満足度が高いのがポイントで「脱毛を早く実感できる」「効果が続く」という声が多いの特徴です。

短期間での脱毛効果を期待している人にはレーザー脱毛器がおすすめです。

2. コスパはいい?

脱毛器はカートリッジ不要の使い捨てタイプとカートリッジを交換するタイプのものがあります。

カートリッジ式の脱毛器は脱毛したい部分に合わせて照射範囲を変えられるものや、照射後の冷却機能が付いたものや、美肌効果が高いものなど機能や種類もさまざま取り揃えられています。脱毛器を選ぶ際には、本体の価格に加え交換用のカートリッジを含めたランニングコストも一緒に検討する必要があります。

脱毛器を使って脱毛を行う場合には、複数回しかも長期間使い続けることも考える必要があるため、

  • 1回ごとの照射にかかるショット単価
  • カートリッジ単体の価格

などがランニングコストの決め手となるようです。

つまり、いくら本体価格が安くても、ショット数が少なくて頻繁なカートリッジ交換が必要なものは結果的にトータルコストが高くなってしまうということですね。

3. 照射範囲をチェック

光脱毛器の場合、メーカーによって照射範囲が異なります。照射範囲が広いものは、スピーディに脱毛でき、照射時間が短くてすむのがメリットです。特に腕や足など広い範囲の脱毛を行う場合には、照射範囲が狭いと処理に時間がかかってしまったり、脱毛した部分にムラが出てしまったりして希望通りの仕上がりにならないこともあります。

脱毛器本体の照射範囲に加えて、交換するカートリッジの照射範囲も確認しておく必要があります。脱毛したい部分に合わせて、照射口の広さを変えられるものであれば、面積の広い腕や足だけでなく、顔や指のムダ毛などの細かい部分にもピンポイントで対応することができるため、自分の想い通りの脱毛が可能になります。

4. 脱毛できる箇所をチェック

家庭用の脱毛器では、顔からVIOラインまで全身脱毛できるものと、顔はできない、IOラインはできない、など脱毛可能な部位が機種によって異なります。

特に光脱毛の場合には産毛の生えている個所の脱毛ができないものもあります。メラニン色素に反応するからこそ、色素の薄い毛に対しては照射が上手く当たらず、産毛も脱毛することができない場合もあります。

顔やVIOラインなど敏感な部分を脱毛できる脱毛器であっても、照射レベルは下げて行うようにした方がトラブルも少なく、痛みや熱を感じにくいでしょう。

また、脱毛器の出力を下げても、粘膜付近は皮膚が薄く、炎症を起こしやすいため、照射はしないようにしましょう。

また、日焼けをしていたり炎症を持っていたりする場合には、肌トラブルが悪化する可能性があるため脱毛はやめるようにしましょうね。

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

家庭用脱毛器は、エステやクリニックに通うよりも安いうえ、自分で気になる部分の脱毛が簡単にできるのが魅力のひとつ。自分で脱毛したい時にすぐできる手軽さやムダ毛が気になってきたらすぐに自宅で簡単に脱毛できることから、購入する人が増えています。

ここでは、家庭用脱毛器のメリットとデメリットについてご紹介していきます。

デメリット

  • 部位によっては自分で処理がしずらい(背中・IOなど)
  • 照射漏れ
  • 公式で不可とされている部位に照射して肌トラブルが起きても自己責任になる
  • 自分で一度に全身を脱毛するのが大変(脱毛サロンのように寝ているだけとはいかないので、汗)

メリット

  • エステサロンやクリニックのように予約を取らなくていい
  • 自分の予定に合わせて、好きなときに脱毛できる
  • ムダ毛処理が簡単
  • コスパが良い
  • 恥ずかしい部位(VIOラインなど)も自分で脱毛できる

なお、家庭用レーザー脱毛器は脱毛サロン経験者に特に人気のようで、「サロンに通うのが面倒になってしまった」「なかなか予約が取れなくて行けない」「ちょっと残っているムダ毛をきれいにしたい」なんていう理由で購入されるようですよ。

人気の家庭用脱毛器5種を比較!【値段・脱毛方法・照射面積・部位・痛み・保証】

家庭用脱毛器はそれぞれちょっと特徴が異なるもの。どうせ購入するのなら、やっぱり「買ってよかった♪」と思えるものが欲しいですよね。値段だけでなく、脱毛方法や照射面積、痛みなど比較してみたのでぜひ参考にしてくださいね。

スマホは横にスクロールしてください。

商品名 値段 ショット
単価
カートリッジ
脱毛部位 痛み 照射範囲 返金保証 脱毛方法
ケノン 69,800円 0.04円 交換式 全身・顔・Vライン 少ない 9.25cm² なし フラッシュ脱毛
ヤーマン
(レインボーテグランデ)
108,000円 0.05円 交換式 全身・顔・Vライン 少ない 12cm²  90日 フラッシュ脱毛
トリア 54,800円 0.08円 なし
全身・Vライン 強い 1cm²  30日 レーザー脱毛
ブラウン
(シルクエキスパート)
49,800円 1.78円 使い捨て 全身・顔・Vライン 少ない 3cm²  90日 フラッシュ脱毛
ラヴィ 39,800円 0.24円 交換式
全身・顔・Vライン 少ない 7.4cm²  30日 フラッシュ脱毛

ケノン

ケノン

ケノンは家庭用脱毛器としての機能が高いのはもちろん、顔の脱毛と美顔器としても使える一石二鳥なアイテム。脱毛後のお手入れもできるのでお得な感じ。

照射のレベルが10段階あるのでいろいろな肌質に合わせられ、お肌が弱い女性やデリケートな部位でも、痛みをほとんど感じることなく脱毛が可能です。

また照射口が広いカートリッジと狭いカートリッジがあり、部位によって使い分けられるのも便利。

使えるショット数も多く、長い期間使い続けられるのも嬉しい特徴です。

ヤーマン(レインボーテグランデ)

ヤーマン レインボーグランデ

照射面積が広く、短い時間でも広範囲の脱毛が出来ます。さらに、連射機能がついていて、より時間の短縮になりますね。脱毛効果が高いうえに、美肌効果もあり一石二鳥。

デザインがオシャレなのと、手にフィットしやすいことも魅力ですね。

またソフトモードで脱毛すると、痛みはほとんどなくデリケートな部分にも使いやすくなります。お顔などの細かくて、痛みが発生しやすい部位にも安心して使うことが出来ますね。3ヶ月ほどの使用を続けていると、毛は薄くなってきます。

トリア

トリア

ほとんどの家庭用脱毛器はフラッシュ脱毛ですが、トリアはレーザー脱毛。クリニックでの脱毛くらいに効果があり、それが自宅で出来るというのは嬉しいこと。

高額だけど効果が高いとされるクリニック。トリアなら自宅でクリニック並みの脱毛効果が期待できるんです。

トリアで脱毛効果を感じられるようになるまでは3ヶ月程度と言われています。個人差はありますが、毛が目立たなくなるまでの期間は、他の家庭用脱毛器に比べると、かなり早いと思われます。

とはいえ効果が高い分、痛みを感じ脱毛が辛くなることも。

照射の範囲も狭いのですが、早くムダ毛が気にならないようになりたい!という女性におすすめです。

ブラウン(シルクエキスパート)

ブラウン

エステサロンと同じくらいの効果が期待できる、と言われているのが家庭用脱毛器ブラウン。

肌質に合わせて照射量を自動調節してくれるのも便利で、照射付近のセンサーが肌色をチェックし、肌への刺激を弱めながら脱毛してくれます。

連射フラッシュ、やわらかフラッシュモード、更に超やわらかフラッシュモード、そして通常フラッシュモードがあります。

部位によってモードを切り替えることができ、お肌への負担をなくし、肌ストレスから解放してくれます。

デリケートなお肌にも安心の脱毛器なのでVIOにも使えます。

ラヴィ

ラヴィ

脱毛効果だけではなく美肌効果もある家庭用脱毛器ラヴィ。

脱毛サロンでは脱毛後にお肌のお手入れが必要ですが、脱毛器ラヴィがあると自宅でも脱毛サロン並みの効果が期待できるのです。

ラヴィの操作方法と、カートリッジの寿命がわかりやすいディスプレイ。

7段階の照射レベルで、部位別に使い分けることが出来ます。

脱毛時に使うカートリッジは、照射部分が広いものと狭いものあり、また美顔用もついてきます。

お洒落なデザインも人気のヒミツですね。

-脱毛器

Copyright© 美活口コミ倶楽部 - BIKATSU KUCHIKOMI CLUB - , 2019 All Rights Reserved.